お電話でのお問い合わせ

文科省共済・公立共済
0120-491-294受付時間:平日10時〜17時

文科省・公立

すでに加入している方の積立必要額の試算

今どれだけ
積立ておく必要があるの?

将来に向けて
準備しておきたい金額の試算

将来受け取りたい年金月額を設定することで、これからどれだけ積み立てる必要があるかを試算します。

プロフィール

生年月日
性別
退職年齢

現在の加入状況

配布済みの「ご加入内容のお知らせ
兼保険料控除証明書」を参照してください

現在の積立残高
すでに積み立てられた金額です。

希望受取額

受け取りたい年金月額
万円

入力結果

生年月日:
性別:
退職年齢:
現在の積立金残高:
将来受け取りたい年金月額:

※年金受取開始を退職年齢(前厚の場合、前厚期間5年、割合2対1)とした場合

前厚(マエアツ)とは

年金受け取り開始後5年間は、受取額が多くなる受取方法です。

  • 5年確定5年間しっかり受け取る
  • 60
    65
    月額約円を5年間にわたり受け取れる
    必要な積立金額

    すでに積み立てられた金額を含みます。

    加入必要口数
    月払:口(円)
    ※1口=1,000円
    ボーナス払:口(円)
    ※1口=10,000円

    ※月払とボーナス払が約1対3となるように配分したパターンです。

    ※5年確定年金は一般型のみのお取扱いです。

    記載の数値は将来改定されることがあります。ただし、年金受給権取得後は改定されることはありません。

    この年金種類で受け取るためには現在の積立残高で足りています。
    希望受取額を増額して再計算することもできます。
  • 10年確定10年間しっかり受け取る
  • 60
    65
    70
    月額約円を10年間にわたり受け取れる
    必要な積立金額

    すでに積み立てられた金額を含みます。

    加入必要口数
    月払:口(円)
    ※1口=1,000円
    ボーナス払:口(円)
    ※1口=10,000円

    ※月払とボーナス払が約1対3となるように配分したパターンです。

    記載の数値は将来改定されることがあります。ただし、年金受給権取得後は改定されることはありません。

    この年金種類で受け取るためには現在の積立残高で足りています。
    希望受取額を増額して再計算することもできます。
  • 15年確定15年間しっかり受け取る
  • 60
    65
    70
    75
    月額約円を15年間にわたり受け取れる
    必要な積立金額

    すでに積み立てられた金額を含みます。

    加入必要口数
    月払:口(円)
    ※1口=1,000円
    ボーナス払:口(円)
    ※1口=10,000円

    ※月払とボーナス払が約1対3となるように配分したパターンです。

    記載の数値は将来改定されることがあります。ただし、年金受給権取得後は改定されることはありません。

    この年金種類で受け取るためには現在の積立残高で足りています。
    希望受取額を増額して再計算することもできます。
  • 前厚10年確定退職時から5年間は倍額受け取り
  • ※希望の受取額として設定した金額は6年目以降の受取額として計算しています

    60
    65
    70
    月額約
    60歳から5年間にわたり受け取れる
    月額約
    6年目以降5年間にわたり受け取れる
    必要な積立金額

    すでに積み立てられた金額を含みます。

    加入必要口数
    月払:口(円)
    ※1口=1,000円
    ボーナス払:口(円)
    ※1口=10,000円

    ※月払とボーナス払が約1対3となるように配分したパターンです。

    記載の数値は将来改定されることがあります。ただし、年金受給権取得後は改定されることはありません。

    この年金種類で受け取るためには現在の積立残高で足りています。
    希望受取額を増額して再計算することもできます。
  • 前厚15年確定退職時から5年間は倍額受け取り
  • ※希望の受取額として設定した金額は6年目以降の受取額として計算しています

    60
    65
    70
    75
    月額約
    60歳から5年間にわたり
    受け取れる
    月額約
    6年目以降10年間にわたり
    受け取れる
    必要な積立金額

    すでに積み立てられた金額を含みます。

    加入必要口数
    月払:口(円)
    ※1口=1,000円
    ボーナス払:口(円)
    ※1口=10,000円

    ※月払とボーナス払が約1対3となるように配分したパターンです。

    記載の数値は将来改定されることがあります。ただし、年金受給権取得後は改定されることはありません。

    この年金種類で受け取るためには現在の積立残高で足りています。
    希望受取額を増額して再計算することもできます。
  • 10年保証期間付終身終身にわたる受け取り
  • 60
    65
    70

    保証期間経過後には、ご加入者が生存している限り年金をお支払いします。

    月額約円を終身にわたり受け取れる
    必要な積立金額

    すでに積み立てられた金額を含みます。

    受取予想年金月額
    月払:口(円)
    ※1口=1,000円
    ボーナス払:口(円)
    ※1口=10,000円

    ※月払とボーナス払が約1対3となるように配分したパターンです。

    記載の数値は将来改定されることがあります。ただし、年金受給権取得後は改定されることはありません。

    この年金種類で受け取るためには現在の積立残高で足りています。
    希望受取額を増額して再計算することもできます。
  • 前厚10年終身退職時から5年間は倍額受け取り
  • ※希望の受取額として設定した金額は6年目以降の受取額として計算しています

    60
    65
    70

    保証期間経過後には、ご加入者が生存している限り年金をお支払いします。

    月額約
    60歳から5年間にわたり
    受け取れる
    月額約
    6年目以降終身にわたり
    受け取れる
    必要な積立金額

    すでに積み立てられた金額を含みます。

    受取予想年金月額
    月払:口(円)
    ※1口=1,000円
    ボーナス払:口(円)
    ※1口=10,000円

    ※月払とボーナス払が約1対3となるように配分したパターンです。

    記載の数値は将来改定されることがあります。ただし、年金受給権取得後は改定されることはありません。

    この年金種類で受け取るためには現在の積立残高で足りています。
    希望受取額を増額して再計算することもできます。
  • 前厚15年終身退職時から5年間は倍額受け取り
  • ※希望の受取額として設定した金額は6年目以降の受取額として計算しています

    60
    65
    70
    75

    保証期間経過後には、ご加入者が生存している限り年金をお支払いします。

    月額約
    60歳から5年間にわたり
    受け取れる
    月額約
    6年目以降終身にわたり
    受け取れる
    必要な積立金額

    すでに積み立てられた金額を含みます。

    加入必要口数
    月払:口(円)
    ※1口=1,000円
    ボーナス払:口(円)
    ※1口=10,000円

    ※月払とボーナス払が約1対3となるように配分したパターンです。

    記載の数値は将来改定されることがあります。ただし、年金受給権取得後は改定されることはありません。

    この年金種類で受け取るためには現在の積立残高で足りています。
    希望受取額を増額して再計算することもできます。

※掛金の払い込み期間は、試算時から最初に到来する3月1日時点の満年齢から起算し、退職年齢までの残年数としています。

※ご入力いただいた生年月日等をもとに試算をしていますが、実際にご加入いただける口数は月払2〜999口、ボーナス払1〜200口、加入時一時払1〜500口です。

給付額は現時点では確定しておらず、変動(増減)します。

記載の給付額は、明治安田生命保険相互会社(事務幹事会社)の基礎率(予定利率、予定死亡率、予定事業費率等)を使用しており、その他の引受会社の基礎率を含めたものとはなっていません。

記載の給付額は、明治安田生命保険相互会社(事務幹事会社)の予定利率(令和2年6月1日現在年1.25%)に基づき計算していますが、実際にお支払する金額は変動(増減)することがあり、将来のお支払額をお約束するものではありません。

なお、基礎率(予定利率、予定死亡率、予定事業費率等)については、将来変更される場合があります。

記載の給付額には、配当金を加算していません。毎年の配当金はそれぞれのお支払時期の前年度決算により決定しますので、現時点では確定していません。決算実績によってはお支払できない年度もあります。また、配当金が生じた場合には積立金の積増に充当されます。

年度途中で脱退された場合は、その年の配当金がありません。積立金(脱退一時金)は加入年数が短いと払込保険料の合計を下回ります。詳細は、パンフレットをご覧ください。

この制度は、次の生命保険会社と締結した拠出型企業年金保険契約に基づき運営します。

明治安田生命保険相互会社(事務幹事会社)、住友生命、日本生命、富国生命、太陽生命、第一生命