文部科学省団体扱自動車保険

以下の説明は本制度の取扱損害保険会社のご案内を転載するものです。

文部科学省団体扱自動車保険は文部科学省共済組合員および退職者を対象としています。本制度を利用することで、無事故割引の保険料に加えて、さらに団体扱割引が適用されます。これは、文部科学省団体扱自動車保険の大きな特長です。
新規に自動車保険を契約される方はもとより、既に自動車保険を契約されている方につきましてもその満期時等に本制度を利用することができます。

  • 本制度は文部科学省共済組合の組合員を対象とした制度であるため、公立学校共済組合の組合員および私立学校教職員共済制度の加入者は対象となりませんので、あらかじめご了承ください。

団体扱自動車保険の割引について

団体扱割引で 20.0% 割引※1
さらに一時払・分割払とも 5%割引 ※2

  1. 団体扱割引20.0%は、令和2年4月1日~令和3年3月31日に保険始期のある契約に適用されます。毎年の契約者全体の損害率に基づき、毎年見直されます。
  2. 団体扱一時払は年間保険料の5%が割引となり、団体扱分割払は分割払割増保険料(年間保険料の5%)が不要となります。

有利です

現在加入されている保険からの
無事故割引もそのまま引き継げます。

手続きは簡単

お申込み時に現金は不要です。
保険開始月の翌々月からの口座振替となります。
一時払のほか、分割払もあります。

補償は安心

契約手続きし、保険始期日から補償が開始されます。
口座振替が始まる前から補償されますので、大変安心です。

さらに

退職された方にもご利用いただけます。
また、同居の親族が使用している車も職員名義で契約できます。

対象となる自動車

自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用小型貨物車、自家用軽四輪貨物車、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)、特種用途自動車(キャンピング車)、二輪自動車、原動機付自転車

  • 引受損害保険会社、保険の種類により、異なる場合があります。詳細は各引受損害保険会社にお問い合わせください。

ご退職者について

下記に該当されるご退職者は、退職後も団体扱い割引対象として、継続加入あるいは新規にご加入いただけます。

契約対象:定年退職者または退職時に文部科学省共済組合員であって早期退職募集制度による45歳以上の退職者

手続きの案内

新規に契約の方

  1. 下記の取扱保険会社7社よりご希望の保険会社へ電話もしくはFAXでご連絡ください。
    取扱保険会社の指定代理店担当者が勤務先またはご自宅へ訪問しますので、その際に「自動車保険契約申込書」と「専用口座振替依頼書」を作成・提出していただくことで申込手続きは完了します。
  2. 翌年以降の更新時には、専用口座振替依頼書の提出は不要です。

既に契約の方

契約更新時に上記1と同じ手続きをしていただくことで、契約手続きが完了します。

本制度に関しての詳しい問い合わせについて

当財団は、商品内容、加入手続などの問い合わせに関しましてお応えできませんので、ご了承願います。お問い合わせについては、下記の取扱保険会社一覧を参照してください。(勤務先への手続きは一切必要ありません)
なお、電話をおかけの際は「文部科学省団体扱自動車保険について」と申し出てください。

保険料の支払い方法(保険料集金者:一般財団法人 教職員生涯福祉財団)

  • 保険料は指定いただきました預貯金口座より、三菱UFJニコス(通帳印字 NSモンブ クルマ)が代行して引き落としさせていただきます。
  • 口座振替日
    一時払の場合:保険開始月の翌々月の27日(休日の場合は翌営業日)です。
    分割払の場合:保険開始月の翌々月から毎月27日(休日の場合は翌営業日)です。
  • 残高不足などで保険料の引き落としができなかった場合は、その翌月に2ヶ月分の保険料が引き落とされます。

取扱損害保険会社一覧

  • 50音順にて掲載
    電話をおかけの際は「文部科学省団体扱自動車保険について」と申し出てください。